Menu
HOME>オススメ情報>カリキュラムを終わらせなければ国家試験を受けられない

通う年数で選ぼう

施術

身体の調子が悪いときに鍼と灸を使った施術を受けて、元通りの自分を取り戻したことがある方もいるでしょう。そのため、自分も鍼灸師になって、誰かの調子をよくしてあげたいと考えているかもしれません。そのときは、鍼灸師になるためのカリキュラムを提供してくれる大学か専門学校に通う必要があります。大卒の資格も欲しいと考えているのなら、鍼灸師コースがある大学がよいでしょう。もしも、とにかく早くなりたいと考えているのなら、4年ではなく3年間で卒業できる専門学校を利用したほうが1年間も短く鍼灸師になれます。もちろん、すでに大学を卒業している方も、もう一度わざわざ通う必要はないので専門学校に通ったほうがよいでしょう。

国家試験がある

鍼と本

鍼灸師のコースがある大学や専門学校は、カリキュラムをこなして、卒業をしただけで資格をくれるわけではありません。実は鍼灸師の資格は、卒業後の国家試験に合格しなければもらうことはできないのです。それならば、国家試験だけを受けて合格すれば、鍼灸師になれると考えるかもしれません。しかし、国家試験の受験条件として、専用に用意されたコースをきちんと終わらせていることが求められるので、学校には通わなければいけないのです。

夜間学部なら昼間に通う必要はない

鍼治療

鍼灸師になるための学校に通おうと考えて、仕事や学業をやめる予定の方もいるかもしれません。しかし、鍼灸師になれる専門学校のほうには夜間学部が用意されているので、やめたくなければやめずに済む可能性があります。もしも、お金の問題があったり、通っている学校で資格を取りたかったりするのなら、夜間学部を利用してそのまま通い続けることを考えましょう。カリキュラムは一緒なので、昼間でも夜でも卒業さえすれば、国家試験を受けるための条件をクリアできます。